快適生活情報館

脱毛クリームと脱毛ワックス

Pocket

ムダ毛が気になり始める年頃と言うと、中学生か高校生の時期でしょうか。

今では多くの家庭にパソコンが普及して、小さい子どもでもインターネットを使う時代ですから、ムダ毛の処理方法はいくらでも調べることができます。

かみそりで剃る、毛抜きで抜く、というのはわかりやすい処理法ですが、脱毛クリームと脱毛ワックスの違いがわからない、という人も中にはいるようです。

クリームもワックスも、どちらも「塗ればすべすべになるもの」と捉えられなくもないのですが、ムダ毛を処理する方法としてはまったく別のタイプになります。

まず脱毛クリームは、アルカリ性の薬剤によって皮膚表面の毛を溶かして除去するものです。

脱毛ワックスは、温めたワックスを皮膚表面に塗って、それをはがすことで毛を抜いて処理するものです。

溶かすか抜くか、それによって効果の持ち期間や処理時の痛みも違ってきます。

脱毛クリームは化学成分がつかってありますが、脱毛ワックスについては家庭でも手作りできるというユニークなレシピ(?)を見つけました。

小鍋に砂糖大さじ4杯と、ひたる程の水を入れ、弱火にかけて砂糖が溶けてきたらレモン汁1/2個分を加えます。

煮ていくうちに茶色に変わってきたら火を止め冷まし、手で空気を含ませながら練っていきます。

この練ったものをムダ毛部分に貼りのばし、毛と一緒にはがし取ります。

天然成分でできており、自分で作ったものであれば安心感もありますね。

しかし脱毛の効果は、というと、やはり脱毛専用に作られた脱毛ワックスの方がよく抜けるようです。


同ジャンル・関連ページ