快適生活情報館

脱毛と豆乳の関係

Pocket

最近の健康ブームもあり、豆乳がからだに良いと大変な人気となっています。

動物性の牛乳の代わりに植物性の豆乳を使ったスウィーツなどもたくさん発売されていますし、食べるだけでなくからだに塗るローションとして外部から働きかける効果も期待されています。

豆乳の成分には、コレステロール値を正常化させたり癌を予防する効果があると言われています。

またビタミンがたっぷり含まれていることで、肌にはりを与える効果もあるそうです。

とくに有名なのは、ムダ毛を生えにくくする効果ではないでしょうか。

あるテレビ番組で紹介されてから、ムダ毛処理のために豆乳ローションを愛用する人が増え、今なお人気の商品となっています。

これは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが脱毛と関係しているようです。

大豆イソフラボンがいろいろな脱毛クリームや脱毛ローションに含まれていることからも、その効果がありそうだということは広く知られています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするのだそうです。

ムダ毛が生えるということは男性ホルモンの影響なので、そこに女性ホルモンを補うことによってムダ毛を生やさない、男性ホルモンとは逆の働きを期待するのです。

よって、女性ホルモンの働きに似た大豆イソフラボンを毛穴の奥に浸透させることで、ムダ毛を細く、抜けやすくして、成長を遅くらせ、最終的にはムダ毛の悩みとさようなら、ということになるわけです。

この成分は脱毛クリームに配合されているものもありますが、抑毛剤として発売されているものにも多く含まれています。

抑毛剤は即効性があるわけではなく、使い続けるうちに徐々に効果があらわれてくるものです。

いろいろな商品が発売されていますので、口コミなども参考にしながら、自分の肌に合ったものを選んで使ってみてください。


同ジャンル・関連ページ