快適生活情報館

電気(針)脱毛

Pocket

かみそりや毛抜き、脱毛クリームなどを使って自宅でムダ毛の処理を行なうのとは違い、特殊な装置を使って毛根を破壊し、半永久的にムダ毛を生えさせないよう処理するのが医療脱毛です。

医療脱毛にはレーザー脱毛と、電気(針)を使って処理するものがありますが、ここでは電気(針)脱毛についてお話したいと思います。

電気脱毛は、毛穴に極細の針を刺し、電流を流して毛根と毛乳頭を破壊してしまう方法です。

毛を生やすもととなる組織を永久的に破壊してしまうので、1本1本の毛を確実に処理できます。

また毛の質や処理する部位に関係なく行なうことができます。

しかし、処理したい毛の一つ一つの毛穴に針を入れていくので、希望の場所のムダ毛をすべて取り除くにはかなりの時間がかかります。

電流を毛根に向けて流すときには痛みもともないますが、効果的に脱毛するために麻酔を使うこともあります。

電気針脱毛では、肌の表面から毛が5mmくらい出ていないと施術できないため、電気針脱毛に通っている期間中は自己処理ができない、というデメリットもあります。

針を使った脱毛は医療行為になりますので、皮膚科などの医療機関で施術を受けることになります。

手軽に脱毛クリームなどで自己処理を続けていくのか、思い切って医療機関での脱毛を受けるのか、それは時間的、金銭的な面をよく考えて自分に合った方法を決めてください。

ただ、いずれ医療機関での永久脱毛をしてみたい、と思うのであれば、無理な自己処理を続けて肌を痛めてから行なうよりは、まだあまり手を加えていない傷みのない肌のうちに受けたほうが、肌への負担も少なく仕上がりもきれいだと思います。


同ジャンル・関連ページ