快適生活情報館

脱毛ワックスについて

Pocket

脱毛クリーム、脱毛テープ、脱毛ワックス・・・

女性の美容意識の高まりとともに、このような「脱毛」関連商品が続々と発売されています。

これらのさまざまな商品の違い、わかりますか?

脱毛テープについては、テープを肌に貼って、はがすのと同時に毛も抜き取るものだ、ということはわかりやすいですね。

わざわざ脱毛テープを買わなくても、ガムテープを使ってすね毛を抜いたことがあるよ、なんていう人もいるかもしれません。

では脱毛クリームやワックスなどは、どのような仕組みで脱毛できるのでしょうか。

まず脱毛クリームはアルカリ性の薬剤をムダ毛の部分に塗ってしばらく放置することで、化学反応を利用して毛を溶かして除去します。

毛を溶かすため、皮膚への痛みなどはありません。

次に脱毛ワックスは、温めたワックスをムダ毛処理したい部分に伸ばし、冷えて固まったら毛と一緒にワックスをはがし取ります。

つまり脱毛ワックスは、毛を抜き取る方法なのです。

同じ抜き取る方法として、毛抜きや脱毛テープがありますが、ワックスはこれらに比べて多少ですが肌への負担はおだやかなようです。

これはワックスによって皮膚が温められるためです。

ワックスは蒸しタオルなどに比べて密閉性が高く、毛穴の奥までやわらかくすることができます。

また保温効果があるため、処理後の肌がしっとり感じられるでしょう。

しかし脱毛ワックスも、毛を抜く行為であることに変わりはありません。

毛穴の炎症や埋没毛などの肌トラブルになるケースも少なくありません。

いくら清潔にして処理してもトラブルはおき得ますし、こればかりはやってみてからでないと大丈夫かどうかはわからないものなのです。

ワックスをはがす技術が上手いか下手かに関わらず、あとがどうなるか予測できない処理法であるため、どのようなトラブルが起こりうるかをよく考えてから行なうようにしてください。

その可能性を意識しておくだけでも、あとのケアがしやすいでしょう。