快適生活情報館

かみそりの刃の交換

Pocket

一般的に女性がムダ毛処理をしている部分で多いのが、脇の下、脚、腕だそうです。

処理方法は手軽なかみそり、ついで脱毛クリームでの除毛が多いようです。

かみそりで剃る方法も脱毛クリームで毛を溶かす方法も、効果は長持ちしないのですが、短時間で手軽にできるのが魅力です。

経済面で言えば、脱毛クリームよりかみそり派という人が多いでしょう。

しかしいくらコストをかけずにムダ毛処理したいからと言って、いつまでも同じ刃のまま剃っているのはよくありません。

かみそりの刃というのは、意外に傷んでくるのが早いのです。

刃が傷んでいると、ギザギザになって皮膚に余計な傷をつけてしまいますし、手に余計な力も入ってしまいます。

替え刃式のかみそりであれば、両腕、両脚をひととおり剃ったら刃を交換するくらいが本当はよいのです。

そんなに頻繁に替えていられない、と思う人もいるかもしれませんが、肌に負担をかけないようにムダ毛を剃るには、よく切れる上質の刃を肌の上で滑らすように剃るのがもっともよい剃り方になります。

ムダ毛を剃る際には、石けんが乳液など、すべりが良くなるものをあらかじめ塗っておくとよいでしょう。

安全かみそりには手軽な使い捨てのものもありますが、刃の質を考えると替え刃式のかみそりの方が良いようです。

横滑り防止の安全ガードがついていたり、コーティングを施して滑りをよくする工夫がされているものもあります。

コストをかけずに、とは言っても、大切な肌を傷つけないために、かみそりも慎重に選びたいものです。