快適生活情報館

脱毛クリーム使用時のポイント

Pocket

比較的に肌が丈夫であると自覚している人なら、腕、脚など広範囲のムダ毛処理には脱毛クリームや脱色剤などを使用するのもよいでしょう。

脱毛クリームは肌の表面から出ている部分の毛をアルカリ性の薬品で溶かしてしまうものです。

クリームタイプ、ムースタイプなどが発売されています。

効果は同じですので、脱毛する部位によって自分の使いやすい方を選んでください。

あまりムダ毛が多くないのなら脱色剤、濃い毛を処理したいのなら脱毛クリームなどを使用するのがよいでしょう。

どちらにしても、化学薬品による肌への負担が少しでも軽く済むように、製品に書かれている注意事項は必ず守りましょう。

まず、生理前や寝不足時などは肌の抵抗力が落ちていますので、そのような日は避けて、体調のよいときに行なうようにしてください。

また脱毛剤や脱色剤は強いアルカリ性の薬剤を使用していますので、事前にパッチテストをして肌が耐えられるかチェックしてから使用しましょう。

パッチテストは、脱毛を行なう前に、二の腕の内側などのやわらかい部分に少量の薬液をつけて15分ほど置き、赤みやかゆみなどのトラブルがでないかを確認することです。

しかし、アトピーなどアレルギー体質の人は使わない方が無難であると思います。

脱毛、脱色が終わったら、しっかり洗い流して薬剤が肌に残らないようにしてください。

その際に使う石けんや、脱毛後に使うローションなどは低刺激のものにしましょう。