快適生活情報館

脱毛後の肌トラブル

Pocket

春から夏にかけて、肌の露出が増える季節です。

できればつるつるすべすべの腕や脚にしておきたいところですね。

女性の多くが自分で何らかの処理をしているムダ毛ですが、その方法によってはさまざまなトラブルを引き起こします。

ムダ毛の自己処理には、かみそりなどで「剃る」方法、毛抜きなどで「抜く」方法、脱毛クリームなどで「溶かす」方法があります。

この中でもっとも肌に刺激が少ないのは脱毛クリームでの処理だと言われますが、やはり毛が生えているのが人間の自然な状態ですから、どんな方法でも何かしら肌にダメージを起こしてしまいます。

もっとも皮膚に負担をかけるのは毛を「抜く」行為です。

毛抜きなどで抜くと、毛のない状態を長持ちさせることができますが、皮膚の一部を引きちぎることになるため、大きな負担となります。

引きちぎられた傷の部分から雑菌が皮膚の中に侵入すると毛嚢炎(もうのうえん)などのトラブルを起こすことがあります。

そしてその痕が色素沈着してシミになってしまうこともよくあります。

脱毛する前には、その部分や手を清潔にして雑菌を入り込ませないことはもちろん、脱毛後は皮膚の細胞が炎症を起こしているものと考え、よく冷やしたり大切にケアしてください。

顔にはとても気づかう女性でも、からだのムダ毛処理に関しては少し雑になってしまう人もいるようです。

毛を取り除くために肌を傷つけていては、つるすべ肌にはとうていなれませんよね。

いろいろある脱毛法のメリット、デメリットを考え、自分に合った方法を選ぶようにしてください。