快適生活情報館

大島優子の人気と性格続きその2

Pocket

秋元さんの卒業で、泣いてしまった大島優子さん自身は「ステージに立つ者として、見せてはいけない姿」と反省しているようですが、こういうエピソードは、人柄もよくわかってよいと思います。
寂しいときは素直に泣けばよいのではないでしょうか。
アイドルだから、ステージの上だからと言って、自分を押し殺すことはないと私は思っています。
秋元さんの卒業セレモニーをご覧になった方も多いでしょうね。
これは、AKBが2013年の夏のドームツアーを行なった際に、一緒にセレモニーも行なわれていました。
ステージ上で泣いてしまった大島優子さんには、またもファンから温かいコメントが寄せられました。
「大島さんが泣いたことは、秋元さんへの素直な思いだから」とか「あたたかい心を持った大島さんが素敵です」とか、激励のコメントが寄せられています。
ファンは、こうした大島優子さんの優しさに心を打たれ、ますます、ファンになってしまうのでしょう。
さて、大島優子さんは、前田敦子さんが卒業してから、いまや、押しも押されもせぬAKBのセンターです。
そして、若手を育てながら、自分もやがては、前田敦子さんのようにAKBを卒業したいと思っているでしょう。
ファンとしては大島優子さんまでがAKBを卒業してしまう日のことを考えたくないことも当然ですが、AKBは彼女達がもっと活躍していく上でのステップになっているのですから、卒業の日が来たら温かく送りだしてあげたいですね。


同ジャンル・関連ページ