快適生活情報館

多彩なる和食

Pocket

高い値段を出して和食を食べる、と言ったとき、どんな光景を思い浮かべますか?
料亭?
寿司屋?
まあ別に間違いではないのですが、それはあくまで一般的なイメージ。
日本食にも、日本食と一口にいっても、いくつかのスタイルがあります。
まず、懐石。
有名ですね。
高級な日本食の代名詞みたいな存在ですが、懐石は本来、高級料理の名前ではなく、茶道の一環のうちにあり、茶道の形式にのっとった軽い食事の作法の事です。
懐石の名を冠してごちそうがたっぷり出てくるようなレストランもなきにしもあらずではあるのですが、本来、一汁三菜(飯、汁、向付、煮物、焼物)、それから食後のお点前(抹茶)だけで構成されているのが本来の懐石です。
次に会席料理。
読みは同じですがまったく別のもの。
簡単な流れくらいはありますがあまり厳密な決まりはありません。
酒を飲んでごちそうを食べればそれが会席です。
精進料理。
仏教の教えに基づいた、肉や魚を使わない、本来はお坊さんの食事なのですがそういうものをあえて高級料理として押し出し、売りにしているところもあります。
本膳料理。
これは懐石よりもっと難しいです。
格式高く、儀礼的な意味合いが強いもので、ドレスコード(タイの着用ではありません)があり、食べ方すら決められています。
ただし、最近は名前だけ本膳料理で実際にはただごちそうを食べるだけみたいな店も多いです。
普茶料理。
これも精進料理に近く、肉や魚を使わず、また、煎茶道と関連して発展したものです。
最後に、卓袱料理。
膳を用いずクロスを敷いたテーブル(卓袱)で食事をするもので、長崎で発展した文化です。


同ジャンル・関連ページ