快適生活情報館

銀座でフレンチを

Pocket

おしゃれな西洋料理の王道といったら、世界三大美食の一角に君臨する、フレンチことフランス料理。
中でも日本有数の美食の街銀座のフレンチの名門中の名門といえるのが、銀座レカンです。
銀座四丁目交差点近くに店を開いて四十年、日本のフレンチの歴史はこの店とともにあったと言っても過言ではありません。
(※明治大正期に日本に定着した、いわゆる「洋食」は、日本で確立されたものであって、西洋で実際に西洋人が食べている西洋料理とはかなり異なる、別の流れの上にあるものです)店舗は地下一階にあり、赤い絨毯と金の手すりの階段の下に、非日常そのもの、アールヌーヴォーのインテリアで彩られた非日常の空間が広がっています。
フランスでは「グラン・ド・メゾン」といいます。
フランス料理は、古典的ないわゆるフランス料理と、それを近代的にアレンジしたヌーベル・キュイジーヌという大きな二つのスタイルに分かれるのですが、こちらのお店は前者に属します。
ちなみに本場パリにおいてフレンチを代表するフレンチレストランの中のフレンチレストラン、フレンチの王者は「マキシム」。
その支店は日本にもあり、銀座五丁目でマキシム・ド・パリの名で店を開いてます。
ヌーベルキュイジーヌ系のお店としては、「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」があります。
シズィズム・サンスとはシックスセンス、第六感のこと。
ワインボトルを敷き詰めた「ワインウォール」の奥に隠れ家のような店を構えている、演出にこだわったお店です。
フレンチは、西洋料理の王道であるとともに、女性をおもてなしするのにも最適な品格を備えています。
検討してみてはいかがでしょうか。