快適生活情報館

ダイエットサプリ依存の危険性

Pocket

体重に縛られているような短期的で無理なダイエットは、ガリガリで不健康になったり、隠れ肥満になったりしてしまうので、絶対におすすめできません。
特に、ダイエットサプリやダイエット補助食品を使ったダイエットは、正しい使い方をしないと体に良くない影響を与えてしまいます。
健康ブームということもあって、近頃ではダイエットサプリが数多く販売されています。
薬局やインターネットでも簡単に手に入ります。
しかし、「簡単に痩せられる」「たったこれだけ」などと謳って、消費者を惹きつけるビジネスが拡大しています。
「飲むだけで痩せる」なんて聞いたら、すぐ手を出したくなってしまう方もいるかもしれません。
そのような方は、危ない状態にあるかもしれません。
ダイエットサプリを飲んでいる人は、次のことをやっていますか?ダイエットサプリを始める前の体重・体脂肪率と、飲み続けた今とではどれくらい変化があるか、また、ウエストやヒップ、太ももなど、見た目に変化があるかの確認です。
ダイエットサプリを飲んでいて、久しぶりに体重を測ってみると減っていたら、それはサプリのおかげだと思いますよね。
そうなると、食べてもダイエットサプリがあれば太ることはないという考えになって、サプリに依存するようになります。
本来、栄養は生鮮食品を食べて摂るものです。
それをサプリで置き換えてしまうと、明らかに摂り過ぎです。
栄養素にも摂取量の上限があるので、それを取り過ぎると健康に悪影響を与えたり、太りやすい体質になったりしてしまいます。
このように、サプリだけに頼るダイエットはおすすめできません。
十分注意して、健康的なダイエットを行ってください。