快適生活情報館

夏野菜2

Pocket

夏野菜をうまく摂取して栄養バランスを整え、体温調節をして行うダイエット。
最適な夏野菜はまだまだあります。
夏野菜は、夏場に最もおいしくなり、収穫もたくさんあります。
夏野菜は低カロリーなのでダイエットたっぷり食べても太りません。
うまくダイエットに取り入れて摂取すると見た目もよく食べ応えもある食材です。
中でも100gで100kcal以下の野菜たちです。
「オクラ」
ネバネバ成分は胃の粘膜を保護して疲労回復に役立つので夏バテ予防に効果的な野菜です。
100gあたり30kcal(1本あたり約8g)と低カロリーです。
カルシウム、カロチン、食物繊維、ビタミン、鉄、カリウムなどが豊富な野菜です。
食し方としては、酢の物、てんぷら、和え物、すりおろしてとろろの代用にするなどがあります。
「いんげん」
100gあたり23kcalと低カロリーです。
白いんげんを10分以上炒めてから粉にしてごはんにかけて食べるダイエット方法が近年話題になっています。
「レタス」
100g(大きな葉1枚約20g)あたり12kcalと低カロリーです。
サラダで食したり、肉などを巻いて食べたり、チャーハンに入れるなどして多くの活用ができます。
調理しなくても簡単においしく食べられるので便利です。
レタスは包丁を嫌いますから、手でちぎって小さくしましょう。
他にもカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、鉄分、ミネラルをバランスよく含んだ野菜です。
「とうもろこし」
カロリー100g(1本あたり約175g)あたり92kcal。
食物繊維が3.0g、ビタミンB群のB1が0.15mg、B2が0.1mgとダイエットに最適な3大栄養素を3種類とも豊富に含んだ野菜です。
他にも炭水化物を主としてリノール酸、カルシウム、マグネシウムをバランスよく含んだ野菜です。
中でも食物繊維は他の野菜に比べて多く含まれています。
それぞれの野菜の特徴を理解して、毎日の食事で効果的に摂取してダイエット効果を発揮できるようにしましょう。