快適生活情報館

パン

Pocket

冷たくすっと食べられる麺類などは夏場につい過剰摂取しがちです。
しかし体を冷やしすぎるのはダイエット上よくありません。
自分が食べる食事のカロリーを知るだけでも、食べる際に意識付けをすることができます。
まずは各食事のカロリーをチェックしてみましょう。
さてそんな中、主食となるお米やパン。
夏場はつい簡単に食すことができる、菓子パンなどを選ぶ機会も増えるものです。
パンとお米どちらがダイエットに適しているのでしょうか。
パンは小麦粉からできています。
100gあたりのカロリーは366kcalです。
実は、その他の成分をみても米とほとんど大差がないのです。
ですから、パン自体は米とかわらないのです。
しかしながら、パンには、砂糖、牛乳、卵、油を入れます。
さらにさまざまな原料を追加して多くの種類のパンを作りますから、一概にはパンのカロリーを決め付けることは出来ません。
例えば、バターが丸ごと生地に練りこまれたクロワッサンや、砂糖や油が入ったロールパンなどは高カロリーです。
さらにいうとコンビニなどで売っている菓子パンはかなりの高カロリーです。
ダイエットには危険な食べ物です。気をつけましょう。
例えシンプルに食パンやフランスパンを選んだとしても、ジャムやマーガリンをつけたらそれもまたかなりの高カロリーです。
パンは何と一緒に食べるかによってカロリーアップすることが多いので注意が必要です。
つけあわせの面から考えて、ご飯の方が魚や野菜などの低カロリーなものを摂取しやすいのでダイエットに適しているといえます。