快適生活情報館

房総半島で海水浴

Pocket

東京からお手軽に行ける海水浴スポットとしては、千葉県、すなわち房総半島があげられます。
形は地図を見ての通りなわけですが、大きく、東端の犬吠岬から九十九里浜を経て太平洋沿いを南に延びる外房、南端の野島崎をかこむ南房、西を鏡ケ浦・浦賀水道に面する内房、に分けられます。
外房を代表する海水浴場は、蓮沼海浜公園内にある殿下海水浴場。単に海水浴場であるだけでなく、ウォーターガーデンなどもあり、遊びスポットとして充実しています。
次に、房総半島最大の海水浴場である片貝海水浴場。毎年20万人が訪れる人気スポットで、ビーチの総延長が1㎞に及ぶため、さほど混雑に悩まされることがなく、またお盆を過ぎてもあまりクラゲが湧かない好スポットです。
逆に浜は狭いのですが、九十九里浜の南端にある一宮海水浴場は海の美しさで知られています。
南房総、鏡ケ浦に面する北条海水浴場もその名の通り鏡のように透き通るビーチで知られており、東京から電車で二時間、駅から徒歩五分の好立地ですが、八月上旬にはクラゲが出るのでそこは注意しましょう。
内房、浦賀水道に面する富津海水浴場は、東京都心部から最も近い海水浴場であり、車でも電車でも容易に日帰りができます。
なお、都内から南房へのルートは、若干料金はかかりますが特に夏場の場合渋滞のない東京湾アクアライン経由がおすすめ。
外房・九十九里方面へは、いくつかルートがあるのですが都心からだといずれも時間がかかり、また混雑しますので、早めの出発と余裕のあるスケジューリングを心がけましょう。