快適生活情報館

こだわりプランニング・行先とスタイル

Pocket

さて、夏休みです。
家族がいます。
旅行に出かける、ということになりました。
さて、どこに行きましょうか?
もちろん好きに決めたらいいのですが、いつどこにいくか、いつ、どうやって決めましょうか。
日本のカレンダーでは、だいたいGWという大きな連休の、次の大きな休みが夏休みであるわけですが、GWが終わった時点で夏休みの旅行の予定がもう決まっているという人は、あんまりいません。
あるアンケートによると日本人の3%くらいだそうです。
ぎりぎりになってから焦って決める人が六割、夏休みに突入してから夏休みの旅行の計画を立て始める人が四割強、ですが46%の家庭においてママが旅行先の決定権と計画立案権を握っているそうですので、自分に決定権が無い場合はおとなしくしていましょう。
珍しいことでもないので。
さて、経験や勘だけで行先を決める人も中にはいるかもしれませんが普通は事前に情報集めをしますね。
旅行会社のパンフレットをもらう、観光情報誌を読む、そして、昨今ではすっかり定番となっているのが、インターネットでの情報収集です。
で、情報を集めたのはいいとして、「行先選び」の段階から、パッケージになっているツアーにただ申し込むだけの場合もあれば、まったく目的を定めない行き当たりばったりの気まま旅まで、旅行にはさまざまなスタイルがあります。
人生それぞれですから好きにしたらよいのですが、北風小僧の勘太郎ならいざ知らず家族で夏に旅行する人が行き当たりばったりをやるのはほどほどにしておきましょう。
最低限、泊まる宿の予約くらいは事前にしておいた方が身のためです。