快適生活情報館

定年旅行の行く先

Pocket

団塊世代が定年を迎えています。
定年旅行が注目されているのは、現在だからでしょう。
ただ、今は仕事よりもプライベートな時間を大切にすることが美徳と考えられる傾向にありますから、定年旅行は大きなキーワードです。
旅行会社は大きな需要を期待して、様々な企画を宣伝しています。
さて、団塊世代はどこに旅行しているでしょうか。
旅行に関する調査結果があります。
まず、今後お金を使うなら、どのようなことに使うかと言う問いに対して、国内旅行と答えた人が全体の6割以上です。
海外旅行は4割強でした。
この他に住宅のリフォーム、家電製品と続きます。
つまり、定年後に旅行を考えている人が半数以上に登ると言うことですね。
旅行は自分で計画を立てる人が7割以上で、旅行会社のツアーを利用する人は3割もいません。
時間はありますから、自分たちだけでのんびりと旅行をしようと考えているのでしょう。
それでは行く先です。
温泉やリゾート地が一番で、自然を楽しむ観光地、歴史などを偲ばせる観光地と続きます。
リゾート地として人気の高いのは沖縄です。
沖縄は飛行機で移動すれば、意外と短時間で到着します。
もちろん、急いでいるわけではありませんから、ゆっくりとした計画を立てればいいでしょう。
たいていの人が沖縄のホテルを探して予約しています。
人に任せるよりも自分で決めることを好む世代なのでしょう。
もちろん、予算によって計画はどうにでも変更できます。
夫婦の思い出作りの旅行は長生きの秘訣かもしれません。